ラッシュデュエル攻略

遊戯王ラッシュデュエル、TCGサプライ品に関するブログ。デッキ、考察、カード情報、サプライ品の情報について情報発信します。

嫌なツイートは即ミュート!快適な遊戯王ライフを守るには

f:id:rushduel:20200622014853p:plain

オハァザァイヤス...青山瑞樹です。

 

 

昨日は友人に目の前で《青眼の白龍》を引かれてテンション爆下がりでした↷↷

f:id:rushduel:20200425002603j:plain

 

なぜアイツの手元にばかり吸い込まれていくんだ??

 

まあ、次のパックでは《ブラック・マジシャン》を大量引きして優勝していきますよ

f:id:rushduel:20200622004806j:plain

 

というわけで、今朝はTwitterのお話。

 

便利な一方で不快な思いをしてしまうこともあります。

 

今回の内容

 

Twitterで繋がることができる良い時代

 

今はTwitterの発展で顔も知らないプレイヤーともコミュニケーションを取れる時代となりました。

 

周りに遊戯王をしている友人がいなくても、Twitterを通じてお喋りできてしまうのです。

 

本当に便利ですよね。

 

私の場合はラッシュデュエルプレイヤーだけでなくOCGやMTGプレイヤーの方ともコミュニケーションを取らせてもらっています。

 

たまにTwitterを飛び越えて通話でリモートデュエルさせてもらったり、大会やオフ会の企画まで進んだりと昔では考えられないような時代ですね。

 

公式Twitterの存在、大会優勝レシピのアップ、カードの販売情報などTwitterは持っているだけで得になることも多いので立派な情報源にもなります。

 

今ではカードゲーマー必須ツールと言っても過言ではないかもしれません。

 

 

そんな優秀なツールであるTwitterにも弱点はあります。

 

基本的に文字と画像だけであるため、感情が伝わらずうまく意見を伝えられないこともチラホラ。

 

揉めるまではいかなくても不快に感じてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

嫌だなと感じたとき

 

タイムラインに表示されるツイートや相手からのリプライを不快に感じてしまうことはあると思います。

 

理想はフォローを外すことですが、それだとどうしても相手が知ってしまった時に気まずい雰囲気になってしまうことがあります。

 

それを回避するのがミュート機能

 

自分がフォローしている特定の人や特定のキーワードをタイムラインに表示させなくなる機能です。

 

この機能は無茶苦茶オススメなので、ぜひ利用してください。

 

私はバシバシ使っています。

 

自分が見て不快だなと感じた方はさっさとミュートにするのが安定。

 

Twitterは好きなようにツイートして良いと思いますし、Twitter内では付き合いたい方を選んで付き合って良いと思います。

 

いざフォローしてみて嫌だなと思った人はミュートにしてしまえば角は立ちません。

 

そんな使い方で良いと思いますね。

 

無理してまで付き合って病んだり疲弊するのは損でしかないです。

 

今すぐミュート機能を使ってください。

 

特にネガティブなツイートは見るとストレスとなってしまうため、そういうツイートが多いと感じた方を片っ端からミュートすることを強くオススメします。

 

 

また自分が興味のないハッシュタグをミュートするキーワードに入れておけば、フォローしている人を残したままタイムラインに表示されなくなるの便利。

 

私はキャンぺーン系のタグは片っ端からミュートに放り込むようにしていますね。

 

#本田○佑や#ファ○マなどはあまりによくタイムラインに表示されるため片っ端からミュートに放り込んで整理するようにしました。

 

タイムラインには見たい情報が表示されるように工夫するとフォローする人数が増えても快適です。

 

 

リプライを返すときはちゃんと伝わるか立ち止まる

 

私も最近気を付けるようになりました。

 

ふいに軽くリプライを返してしまった際に、思ったように相手に伝わらず相手に不快な思いをさせてしまった経験があります。

 

文字だけであるが故に感情が伝わらず、冗談半分で言ったつもりが真面目な意味で相手は捉えてしまうことになりました。

 

明らかに私のミスであり、深く反省しました。

 

これがTwitter最大の難しさかもしれません。

 

対策としては顔文字をある程度入れて自分の感情を表現することでしょうか。

 

幸いTwitterには顔文字辞書等を登録していなくても顔文字を入れることが容易であり、冗談っぽく伝えることができるようになっています。

 

この機能を使うことである程度、自分の感情を表現することができます。

 

私はTwitterでのトラブル回避のためにリプライを返す前に、必ず顔文字を入れるか考えるようになりました。

 

私の中では、もはや必須と言えます。

 

顔文字をあまり使っていない方はぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

 

Twitterは便利で必須ツールとも言えるレベルにまでなってきている。

 

嫌な思いをしたら即ミュートで自己防衛。

 

相手にリプライを返すときは顔文字を使って感情を表現する。

 

 

今日のお話はこの3つ。

 

Twitterは便利な一方で、使い方を間違えると人間関係を崩しかねません。

 

リアルだけでなくネットでの付き合いも比重が増えています。

 

自分の快適な遊戯王ライフを守るために少しTwitterでのプレイングを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

それでは、今朝はここまで!
今日が素敵な1日になりますように!青山瑞樹でした♪

 

 

 


遊戯王ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村